ページのトップへ

テッコー・ツアーズ & トラベルは、ケニアはもちろん、タンザニア・ウガンダなど、東アフリカへのご希望のプランをアレンジできるケニアの現地旅行会社です!


旅の準備

予防接種

現在、日本からケニアに来られる場合に、必要な予防接種はありません。
黄熱病も、ケニア及びウガンダは、WHOによる黄熱病の汚染地域に指定さていませんので、予防接種は義務付けられてはいませんが、タンザニアでは、入国時に黄熱病予防接種証明書(イエローカード)の提示を求められています。ま た、他のアフリカ諸国においても、提示を求められる国もあり、飛行機の経由地(トランジットなどで、空港から出られた場合、ストップオーバーをされる場合)によっても、提示を求められる場合があります。

黄熱病の予防接種について

現在、ケニア・ウガンダに入国する際、予防接種義務はありませんが、タンザニア入国の際は、予防接種義務があります。又、経由地(インド・シンガポール等)が黄熱病汚染地区の場合は、予防接種証明書(イエローカード)の提示を求められることがあります。
ケニア・タンザニア・ウガンダ滞在後、別の国への入国の際にイエローカードの提示を求められることもあります(南アフリカ等)。
一度接種を受けられますと、接種後10日後〜10年間有効ですので、不要なトラブルを防ぐためにも、事前の接種をお薦めいたします。
ただし、黄熱病予防接種後は、1ヶ月他の予防接種を受ける事ができませんので、ご注意ください。

▼予防接種実施場所
東京:日本検疫衛生協会(東京診療所)
   東京検疫所
横浜:日本検疫衛生協会(横浜診療所)
   横浜検疫所
大阪:大阪検疫所
他15カ所で実施

いずれも、接種日が限られており、予約制になりますので、必ず事前に連絡してください。

ビザの取得

現在、ケニア・タンザニア・ウガンダとも、観光ビザが必要です。
ケニアのビザ取得には、パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要。日本の各大使館で申請ができます。また、遠方の方は郵送での受付もしています。
ビザは、各空港・国境でも取得可能ですが、不要なトラブルを防ぐためにも、日本で予め取得される事をお勧めいたします。

観光ビザの申請方法(ケニア・タンザニア・ウガンダ)
  ケニア タンザニア ウガンダ
ビザの有効期限 ビザ発効日より3ヶ月以内に入国。入国後最大3ヶ月滞在が可能。その後の延長は、現地の入国管理局にて手続きする。 有効期限、滞在可能日数ともに3ヶ月間 有効期限、滞在可能日数ともに3ヶ月間
パスポートの
残存有効期間
入国時に6ヶ月以上 申請時に6ヶ月以上 申請時に6ヶ月以上
申請料 5,500円 6,000円 13,000円
在日大使館での申請 在日ケニア大使館の「ビザ情報」ページにて必要書類、注意事項などをご確認の上申請してください。 在日タンザニア大使館の「ビザについて」ページにて必要書類、注意事項などをご確認の上申請してください。 在日ウガンダ大使館の「Visa Information」ページにて必要書類、注意事項などをご確認の上申請してください。
他の申請方法 ケニアに到着時、空港や国境でも取得可能($50)ですが、オンラインでの申請を奨励しています。上記のビザ情報から事前にオンライン申請をお勧めします。 タンザニアに到着時、空港や国境でも取得可能です。(US$50)
また、ケニアからタンザニアへ向かわれる方は、ナイロビのタンザニア大使館でも取得する事ができます。
ウガンダに到着時、空港や国境でも取得可能です。(US$100)ケニア同様、オンラインでの申請もできます。

通貨

現金・トラベラーズチェック

現地ではケニアシリング(Ksh)を使いますので、ナイロビ到着後空港・ホテルなどで両替をしていただくことになります。USドルのキャッシュをご用意ください。ケニアでは、2000年発行以前のUSドル紙幣は使用することができません。また、トラべラーズチェックは換金できませんのでご注意ください。
US$1=約85Ksh(2012年11月現在)

クレジットカード

ケニアはまだまだ現金主義の世界。使えないことはありませんが小さなお店では敬遠されがちです。もしもの時のために持ってくるとよいでしょう。また利用する際にいくらかの手数料を取るお店もあります。

持ち物

通常のご旅行の持ち物以外の、あると便利な物をあげました。

服 装 サファリの時は着慣れた服、靴でかまいません。車の移動が多いので楽な服装でどうぞ。朝のサファリは場所によっては涼しいことがあります。風除けとトレーナー、セーター類を1つお持ちになると安心です。日差しの強い時用の長袖シャツもあると便利でしょう。ディナーはワンピースやシャツなど、少し気分を変えてみてはいかがですか?
雑 貨 帽子・サングラス・双眼鏡・日焼け止め・虫除けスプレー・蚊取り線香・ライタ-・ドライヤー・目覚まし時計・ウェットティッシュ・懐中電灯・電池
胃薬・下痢止め・消毒薬・風邪薬・目薬・絆創膏他、いつもお使いのお薬
サンダル ホテル、ロッジにはスリッパが無いので、リラックス時用にサンダルをお持ちください。プールに入るときなどにはビーチサンダルもあると便利です。
撮影機器 変圧器-220~240V、プラグ-BF(3つ又)タイプ、エアーブラシ、ファイルム、テープ、電池は予想以上に使ってしまうので、多めにご用意ください。
食料品 疲れた時、体調を崩された時に食べるインスタント食品・梅干など。
その他 シャンプー類、石鹸は部屋に準備されている所が多いですが、日本のものとは違いますので、気になる方はご準備ください。